Academicday 2/5/2019

①junior staff conference  (担当 丸山)

journal club:『Refeeding syndrome:relevance for the critically ill patuient』criticalcare volume24.Number4.August2018

Refeeding syndromeについての最近のreviewを紹介しました。①RFSが懸念される場合は、栄養開始前からP濃度をモニタリングし、栄養開始後にP濃度の低下(P<0.65mmol/lで過去のdataと比較して0.16mmol/l以上低下)があればRFSとして治療を行う②RFSでは栄養制限が長期予後の改善につながることが示唆されているので、<500kcal/dayを最低48時間、以降は目標カロリーの25%ずつ漸増といった栄養制限を行うことが重要

②Senior staff lecture (担当:重光教授)

DVTとPEについて

We discussed epidemiology, pathophysiology, diagnostic algorithms and treatment strategies for Deep Vein Thrombosis and Pulmonary Embolism. Participants answered US board questions for review.

 

PAGE TOP