Academicday 2/12/2019

本日はJunior staff conferenceのみでした。

1⃣ Junior staff conference :journal club 担当:増田Dr

N Engl J Med 誌に掲載された経腸栄養剤の RCT (TARGET trial)を、
これまでの栄養に関する大規模臨床研究の文脈の中でレビューしました。
(N Engl J Med 2018; 379(19): 1823-34.)

これまでに報告されている栄養についての臨床研究は、
CALORIES や PermiT、Early PN、NUTRIREA-2 など、
28 から 90 日死亡率を primary outcome に設定して行われていますが、
これまでいずれの研究も primary outcome に統計学的有意差を認めておらず、
今回 TARGET trial も primary outcome に統計学的有意差を認めませんでした。

対象となる症例の選定が必要なのか、promary outcome の検討が必要なのか、
今後、栄養介入の臨床的意義を研究しようとしている我々にとっても、
重要な課題であると思います。
そういった臨床研究デザインについて話し合われました。

 

 

PAGE TOP