多職種回診とは

多職種回診とは

医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、臨床工学技士などが、一人一人の患者さんのベッドサイドを回って、患者さんの様子をしっかりと診察することで、患者さんの症状や、その日一日の診療目標などの情報を共有することを目的としたチーム医療です。


【精神科医師 竹内 崇】
精神科はICUに入院される患者さんの精神的なサポートということで対応させていただいています。ICUですから、主に専門の患者さん対応、抑うつや不安に対してのアプローチを行なっています。

【集中治療部 看護師長 高橋洋子】
看護師は24時間ベットサイドで患者さんを見ていることから、患者さんやご家族のニーズをキャッチしています。
看護はもちろんのこと、その情報を多職種と共有してトータルで最適なケアが提供できるように調整したり、統合する役割があると考えております。

【薬剤部 薬剤師 朝田瑞穂】
ICUでの役割は多岐にわたっており、薬の適正使用の確認だけでなく主体的に患者さんにおいて最適な薬物量が行えるようにエビデンスに基づいた情報を提供し、医師と他の多職種とディスカッションを行なっています。いろいろなことを鑑みながら患者さんに最適な薬物量が行えるように一緒に考えさせていただいています。

【臨床栄養部 斎藤恵子】
臨床栄養部は適切な時期に適切なルートで、適切な栄養が通るようにアセスメント計画実施モニタリングをしている。必要に応じて医師にコメントをしております。

【リハビリテーション部 理学療法士 高田将規】
理学療法士として、当院ICUで実施しているプロトコルにのっとり、早期離床のレベルを提案をします。また患者様の状態に合わせた運動の内容についても提案させていただいています。

【感染制御部 感染管理認定看護師 島眞理】
特に集中治療領域ですので感染制御部が実施している環境培養のデータに基づきたりですとか当院での微生物データに基づいて、現場に即した感染対策というものを情報発信していくのが役割と考えております。

【MEセンター 臨床工学技士 星野春奈】
MEセンターではICUで使用されている補助循環や人工呼吸器、血液浄化などの生命維持管理装置が安全でかつ患者さんにあった条件で使用されるように管理することです。
PAGE TOP