スタッフ紹介

重光 秀信(Hidenobu Shigemitsu)

科長・主任教授(大学院生体集中管理学分野)


資格
米国集中治療専門医
米国呼吸内科専門医

研究テーマ・興味のある分野
ICUのシステム管理と導入・終末期医療・敗血症・呼吸不全・塞栓症
Rapid Response (院内急変対応学)
五感を用いたICUケアーへの活用 (Effective Medical Creation)

ひとこと
日本語と日本の文化を勉強するのが好きです

高橋 英夫(Hideo Takahashi)

特任教授 (大学院生体集中管理学分野)


資格
日本集中治療医学会専門医
日本麻酔科学会専門医

研究テーマ・興味のある分野
ICUに於ける医療の質管理・呼吸不全・Rapid Response System・栄養管理

患者さんと接する時に心がけていること
「鬼手仏心」 患者としての気持ちを忘れないようにする。
ここぞという時に「快傑黒頭巾現る!」如くお役に立ちたい。

ひとこと
Jazz(特にA.Cappella vocal)、Bossa Novaを好む。
20年振りにGuitarの練習再開。

鵜川 豊世武(Toyomu Ugawa)

准教授(未来指向型集中治療医学講座)


資格
日本外科学会認定医・専門医・指導医

研究テーマ・興味のある分野
心腎関連病態から読み解く集中治療における新しいCRRTの考え方とその確立

患者さんと接する時に心がけていること
唯一無二の医師となれ

ひとこと
すべてはストラテジー

山内 英雄(Hideo Yamanouchi)

講師(未来指向型集中治療医学講座)


資格
日本救急医学会救急科専門医
日本内科学会総合内科専門医
臨床研修指導医
日本DMAT隊員(統括)
ICLSディレクター
JPTECインストラクター
PBECインストラクター
MCLS世話人
PhDLS世話人

研究テーマ・興味のある分野
Tele-ICU
呼吸管理
病院前救急医療
災害医療

患者さんと接する時に心がけていること
お話ができる患者さんとは十分なコミュニケーションをとり、五感+第六感を駆使した診察を心がけています。

ひとこと
普段はICUで働いていますが、月に数回、地方の病院で救急外来診療やフライトドクターをしています。

長島 道生(Michio Nagashima)

講師(大学院生体集中管理学分野) 医局長/病棟医長


資格
日本麻酔科学会指導医
日本集中治療医学会専門医
日本救急専門医
プライマリ・ケア連合学会認定指導医
ASCeXAM2016

研究テーマ・興味のある分野
ICUでの超音波の活用、終末期の倫理的問題

患者さんと接する時に心がけていること
一期一会

ひとこと
4歳になる娘の成長には驚くばかりです。

若林 健二(Kenji Wakabayashi)

講師(大学院生体集中管理学分野)


資格
日本小児科学会専門医
日本集中治療医学会専門医

研究テーマ・興味のある分野
人工呼吸管理、体外循環、多臓器不全、細胞外小胞、小児集中治療

患者さんと接する時に心がけていること
患者さんが目指すゴールを共有し、お手伝いをしたいと心掛けています。

ひとこと
Clinician scientistと医局長の両立を目指して奮闘中です。

野坂 宜之(Nobuyuki Nosaka)

助教(大学院生体集中管理学分野)


資格
日本小児科学会専門医・指導医
日本救急医学会専門医
日本集中治療医学会専門医

研究テーマ・興味のある分野
小児集中治療
感染免疫
人工呼吸器関連肺障害
急性脳炎・脳症と集中治療

患者さんと接する時に心がけていること
「笑顔」「チーム医療」「サポート」

ひとこと
やさしく謙虚に。時には強く逞しく。

丸山 史(Fumi Maruyama)

助教(大学院生体集中管理学分野)


資格
日本麻酔科学会専門医

研究テーマ・興味のある分野
集中治療全般

患者さんと接する時に心がけていること
誠実に丁寧に。

ひとこと
趣味は旅行と建築雑誌をみることです。

増田 孝広(Takahiro Masuda)

助教(大学院生体集中管理学分野)


資格
日本麻酔科学会専門医
日本呼吸療法医学会呼吸療法専門医
日本周術期経食道心エコーJB-POT認定

研究テーマ・興味のある分野
呼吸療法(専門医として院内の RST を担当しています)
患者安全(ゼネラルリスクマネジャーを担当しています)
医事法学(検事研修・裁判官研修を担当しています)

患者さんと接する時に心がけていること
私たちの仕事は、お話を伺うことはもちろん、それ以外にもいろいろな方法で患者さんから教えていただくことで成り立っていると感じています。教えていただいた一つ一つのことに感謝を忘れないこと、そして、私たちからことばで「伝える」ことと、「伝わる」ことを大切にしたいと思っています。

ひとこと
広島県広島市生まれ、北海道札幌手稲高等学校卒業後上京し、東京大学文学部行動文化学科社会心理学専修課程を卒業しました。卒業後に医師を志し、東京医科歯科大学医学部医学科を卒業しました。趣味は声楽で、声楽を北川辰彦、高田智士の両氏に、指揮法を川名佑一氏にご指導いただきました。

塩田 修玄(Nobuhiro Shiota)

特任助教(社会人大学院生)


資格
日本麻酔科学会専門医
日本集中治療医学会専門医
日本周術期経食道心エコーJB-POT認定

研究テーマ・興味のある分野
Quality Improvement

患者さんと接する時に心がけていること
平等に、優しく、思いをくみ取れるように。

ひとこと
日々成長したいです。ロック好き。

日下 琢雅(Takuga Hinoshita)

特任助教(社会人大学院生)


資格
日本救急医学会救急科専門医

研究テーマ・興味のある分野
ビッグデータ解析・AI診断
PET-CTによる炎症性肺疾患の画像解析

患者さんと接する時に心がけていること
最善を尽くす。

ひとこと
救急医療や集中治療、米国留学に関することなど、何でも気軽にご質問下さい。
→ dr.takuga@gmail.com

内御堂 亮(Ryo Uchimido)

特任助教


資格
救急専門医
公衆衛生学修士(ハーバード大学公衆衛生大学院)

研究テーマ・興味のある分野
マルチオミクス解析による敗血症の、特に代謝と免疫のクロストークの病態解明
敗血症におけるエンドタイピングとConditional Average Treatement Effect の推定
敗血症診断・予後予測モデル作成

患者さんと接する時に心がけていること
笑顔と挨拶

ひとこと
臨床と研究、両方の面で患者さんの健康に貢献できるように頑張ります。

三島 有華(Yuka Mishima)

特任助教(社会人大学院生) 医局長補佐


資格
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
ICLSディレクター
JMECCインストラクター
がん治療認定医

研究テーマ・興味のある分野
急性呼吸不全・人工呼吸器・ICUにおける終末期医療とDNAR・Antimicrobial Stewardship Program

患者さんと接する時に心がけていること
個人を尊重し、コミュニケーションを大事に診療します。

ひとこと
病気だけでなく人をみる医師になりたいです。

久保 俊裕(Toshihiro Kubo)

医員


資格
集中治療専攻医

研究テーマ・興味のある分野
心臓血管外科術後管理
体外循環

患者さんと接する時に心がけていること
患者さんと同じ目線で。

ひとこと
一人でも多くの患者さんが、より早くより元気にICUを出られるよう、知恵を絞って診療にあたります。

 

野田 浩太郎(Kotaro Noda)

医員


資格
内科専攻医
脳神経内科専攻医
脳血管内治療専攻医
集中治療専攻医

研究テーマ・興味のある分野
神経集中治療(脳卒中、てんかん、中枢感染症、中枢免疫疾患、末梢神経障害)
神経超音波検査・脳波検査
蘇生後脳症

患者さんと接する時に心がけていること
脳・神経をイメージしながら、丁寧に診察する。

ひとこと
Neuro-intensivistとして成長できるよう精進します。

木山 晃希(Kouki Kiyama)

医員


資格
内科専攻医

研究テーマ・興味のある分野
病態生理

座右の銘
成せばなる

ひとこと
科学的にも文化的にも診療できることが理想です。

 

長瀬 大芽(Taiga Nagase)

医員


資格
麻酔科専攻医
日本医師会認定産業医

研究テーマ・興味のある分野
麻酔科学全般
集中治療医学全般

患者さんと接する時に心がけていること
ヒューマニズムあふれる集中治療医であれ。」
研修医時代にお世話になった先生の言葉を胸に、診療に従事して参ります。

ひとこと
麻酔科の基盤を活かした集中治療医になれるよう頑張ります。

氏家 良人(Yoshihito Ujike)

特別講師  (大学院生体集中管理学分野)


資格
日本集中治療医学会専門医
日本救急医学会専門医・指導医
日本麻酔科学会専門医
日本透析医学会専門医

略歴
2000年〜2015年 岡山大学救急医学教授
2015年〜2018年 川崎医科大学救急総合診療医学 特任教授
2018年〜現在       函館市公営事業管理者 病院局長
2012年〜2016年 日本集中治療医学会理事長

ひとこと
● カラオケでの18番は
浜田省吾 ”もう一つの土曜日”など10曲ほど
● もし宝くじに当たったら?
全額貯金します。
● 人生最大のユーモラスな失敗談
特になし
● 自分の人生が変わった出来事
文系の私が医科大学に入学したこと
● いままでの人生で気づいたこと
目先の損得を気にしない。
● 今気になっていること
管轄の病院の経営状況、職員の環境
● 人生で何をエンジョイしてますか(趣味や活動)
5年ほどブルーレイに録りためたテレビ番組を見ること
● これからの人生で挑戦したいこと
一流の病院経営コンサルタント
● 入院時のおすすめ持ち込みアイテムは?
PC
● もし自分が患者になったら医師や看護師に望むことは?
痛くなく、やさしくお願いします。
● ニックネームは?
とくになし、高校生までは”坊や”

武澤 恵理子(Eriko Takezawa)

非常勤講師 Effective Medical Creation Chief of Staff (大学院生体集中管理学分野)


資格
EffectiveDesignCreator
国際医療コーディネーター
カラーアナリスト
インテリアプランナー
デザインコンサルタント

研究テーマ・興味のある分野
EffectiveMedical Creation-快適環境プロジェクトー
医療の中における色彩とデザインの効用
医学教育における人間力の育成

スタッフや学生さんと接する時に心がけていること
『一休さん』と『おばあちゃんの知恵袋』に『ユーモア』を詰めて丁寧に

ひとこと
温故知新
長年にわたり調査した現場での・気付き・を具現化したEMC
今後日本での展開が楽しみです

松本 正太朗(Shotaro Matsumoto)

大学院生(大学院生体集中管理学分野)


資格
日本集中治療医学会専門医
日本呼吸療法医学会専門医
日本小児科学会指導医

研究テーマ・興味のある分野
小児集中治療・急性肺傷害・慢性肺疾患

患者さんと接する時に心がけていること
児の擁護者で代弁者たること

ひとこと
Chance favors prepared mind

壹岐 陽一(Yoichi Iki)

大学院生(大学院生体集中管理学分野)


資格
小児科専門医

研究テーマ・興味のある分野
小児集中治療・ECMO・細胞街小胞

患者さんと接する時に心がけていること
安全で安心できる医療の提供

ひとこと
緊褌一番研究に取り組みます

阿部 迪子(Michiko Abe)

大学院生(大学院生体集中管理学分野)


資格
日本小児科学会専門医
PALSインストラクター

研究テーマ・興味のある分野
急性肝不全・細胞外小胞・小児集中治療

患者さんと接する時に心がけていること
穏やかさと安心感

ひとこと
みんなの笑顔のために頑張ります。

松田 遼子(Ryoko Matsuda)

病院秘書


資格
資格はありませんが、洋菓子作りが好きです

研究テーマ
食と健康

スタッフや学生さんと接するときに心がけていること
相手の気持ちにとどくユーモア

岡本 知子(Satoko Okamoto)

病院秘書


スタッフや学生さんと接するときに心がけていること
おもてなし

ひとこと
Que Sera, Sera

PAGE TOP