Start content

世界標準に沿う最高の集中治療医療を提供します

我々、東京医科歯科大学集中治療部は、集中治療部専従の医師と看護師が
主治医、臨床工学士、理学療法士、栄養士、薬剤師とチームを形成して、
重症患者さんの治療を行う中央診療部門です。

大手術を受けられた患者さんや入院中に容態が悪化した患者さんが
少しでも早く回復できるように
人工呼吸、補助循環、血液浄化などを駆使してサポートしていきます。

大学病院としての使命である「診療・研究・教育」の3つを基本として、
国際的に活躍できる集中治療部となるよう日々努力しています。

多職種回診

多職種回診とは、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士、臨床工学技士などが、一人一人の患者さんのベッドサイドを回って、患者さんの様子をしっかりと診察することで、患者さんの症状や、その日一日の診療目標などの情報を共有することを目的としたチーム医療です。

詳細を見る

RAS

RAS(Risk Assessment System)とはRapid Response System(RRS)と称される院内急変対応システムで「患者に対する有害事象を軽減するために迅速な対応を要するバイタルサインの重大な増悪を含む急激な病態変化を覚知して対応するために策定された介入手段」です。

詳細を見る

EMC

誰もが快適と思えるICU の空間作りをテーマとし、Effective Medical Creation (EMC) 、快適環境プロジェクトという新たな試みを実践しています。ICUにおけるストレス解消やコミュニケーション改善による医療の質の向上やクリエイティブを駆使し色彩学を活用した先進的医学教育を目指しています。

詳細を見る
  1. 部長ご挨拶
  2. ICUについて
  3. スタッフ紹介
  4. スタッフ募集
PAGE TOP